「秋は薄毛の季節?秋に薄毛が増える理由とオススメ薄毛治療について」 コラム|美容整形外科・形成手術の治療費を10%キャッシュバック!メディクー

秋は薄毛の季節?秋に薄毛が増える理由とオススメ薄毛治療について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なんだか風が涼しくなったなぁと感じる秋口は、抜け毛に悩まされる方が増えてくる時期です。この原因については諸説があり、動物と同様に人間にも換毛期があり、これが秋の抜け毛の原因になるのではないか?という説もあります。ですが、この説に関しては医学的な根拠が存在しておらず、信ぴょう性については不明です。

では、現在までの医学的根拠に基づいたうえで、抜け毛を誘発する可能性があるといわれている原因には、どのような種類があるのでしょうか。また、万が一抜け毛が増えてしまった場合には、どのように対処すればいいのでしょうか。

それらについて解説していきます。

秋は薄毛になりやすいって本当!?

結論からお話ししますと、秋はその他の季節と比較した場合に、抜け毛・薄毛が起こりやすいと考えられています。以下で、その理由についてご説明することにしましょう。

夏の紫外線の影響

紫外線は、1年を通じて私たちの頭皮や髪に降り注いでいます。そして、紫外線の放射量が最も増える5月~7月に、無防備な状態で頭皮や髪が紫外線を浴び続けると、皮下には活性酸素が発生し、毛根組織の細胞がダメージを受けて抜け毛が起こりやすくなると考えられているのです。

現在薄毛に悩まされていない方の場合では、髪が紫外線をブロックするから大丈夫!と、高を括っているかもしれません。ですが、その考え方が悲劇を呼び込む原因になります。というのは、地肌が完全に髪に覆われていれば別ですが、分け目など地肌が透けて見えている部分では、簡単に紫外線の影響を受け、その部分に抜け毛が起こる可能性があるからです。

夏に浴びた紫外線は、直ちに抜け毛を引き起こすことはあまりありませんが、数カ月後の秋口になって頭皮が乾燥し始めると、急激な抜け毛が始まり、やがて薄毛になってしまうことがあります。

頭皮環境の悪化

夏は、外気温の上昇に伴い、頭皮が汗をかきやすくなります。そこへ皮脂が分泌され、これらを長時間洗い流さないでいると、頭皮に雑菌が発生して頭皮湿疹をはじめとする、頭皮のトラブルが起こることがあるでしょう。

そして、このようなトラブルが引き金となって頭皮環境が悪化すると、単に抜け毛が増える可能性が広がるだけではなく、脂漏性(しろうせい)脱毛症という脱毛症になってしまうこともあります。

栄養不足

夏の期間、冷たいそうめんや冷やし麺などばかりを食べて、タンパク質やビタミン類をあまり食べなかったという方は、秋口になって抜け毛が増えやすくなると考えられます。

それは、髪を作り出す成分が不足するという部分が一番の問題点ですが、糖質を食べ過ぎたことによって、頭皮の内部で糖化という現象が起こり、急激な抜け毛が起こることが考えられるからです。

こんな薄毛には要注意!

秋口になって急激な抜け毛が起こったとしても、数カ月後に元の状態に戻ったのであれば、まず問題はないでしょう。その一方で、額の生え際が後退する、あるいは頭頂部の髪が目立って薄くなったのであれば、夏の影響による薄毛ではなく、AGAの可能性が濃厚です。

いずれの場合であっても、抜け毛が目立ち、それが薄毛を呼び込んでしまったのであれば、早急に対策をおこなわなくてはなりません。AGAだけではなく、夏の影響を受けて起こった薄毛は、美容外科クリニックの治療で改善することが可能です。

薄毛治療の種類

美容外科クリニックでは、以下の治療で抜け毛や薄毛を改善することができます。

内服薬治療

ミノキシジルまたはプロペシア、あるいは両方の内服薬を服用する治療法です。これらの内服薬にはそれぞれに異なった働きがあり、抜け毛のストップや発毛に役立つと考えられています。

ただし、どちらの内服薬も副作用が起こる可能性がありますので、内服薬治療を希望されるのであれば、ひとまず美容外科クリニックでカウンセリングを受けてみるといいでしょう。

HARG療法

成長因子を含む髪の成長に必要な成分を、注射で皮下に送り込む治療法です。この治療法には副作用の心配がほとんどありませんので、内服薬が体質に合わなかった方であっても、不安なく治療を受けることができます。

この治療法は、内服薬治療よりも効果の現れ方が早いといわれていますので、結果早く出したいという方におすすめです。ただし、1回の治療ではっきりとした結果を出すことは難しく、数回の治療が必要になります。

治療回数については個々の状態によって異なりますので、この部分については、カウンセリングで医師に確認してみるといいでしょう。

おわりに

秋口は、夏が残した爪跡によって抜け毛・薄毛が起こりやすい季節です。また、薄毛は一時的に起こるものと、外的な刺激に加えて遺伝的要素が関係して起こるAGAがありますが、どちらの場合であっても、悪化してしまう前に手を打たなくてはなりません。

それには、美容外科クリニックで治療を受けることが一番の得策です。夏の終わりから秋口にかけての抜け毛がひどくなったという方は、美容外科クリニックでカウンセリングを受けて原因を特定するとともに、体質に合った方法による抜け毛・薄毛改善のための治療を開始しましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

介護脱毛という言葉、ご存知ですか?

介護脱毛という言葉、ご存知ですか?

少子高齢化の問題が深刻化すると、その先に待っているのは高齢者に対する介護の問題です。 若い年代の…

続きを読む

千葉のすそわきが治療クリニック おすすめ人気まとめ

千葉のすそわきが治療クリニック おすすめ人気まとめ

千葉中央美容形成クリニック 千葉中央美容形成クリニックの特徴・対応施術 千葉中央美容形成クリニ…

続きを読む

処女の感動をもう一度味わいたい方へ!処女膜再生手術とは?

処女の感動をもう一度味わいたい方へ!処女膜再生手術とは?

ロストバージンのタイミングは人それぞれで、愛する人との体験であれば、後悔することはないでしょう。そ…

続きを読む

「男性がVIOを脱毛するのは恥ずかしい」は時代遅れ?男性脱毛に対する5個の考え方

「男性がVIOを脱毛するのは恥ずかしい」は時代遅れ?男性脱毛に対する5個の考え方

「アンダーヘアはあって当たり前」これが、現在までの日本人の考え方でした。 ですが、時代の移り変わ…

続きを読む

薄毛に悩む女性に知ってほしいFAGAのこと、HARG療法のこと

薄毛に悩む女性に知ってほしいFAGAのこと、HARG療法のこと

「つむじが目立ってきた」「分け目の髪が薄くなってきた」「全体的な髪のボリュームが少なくなってきた」…

続きを読む

もっとコラムを読む