「自分の身体は自分で守る!アフターピルはピル外来で!」 コラム|美容整形外科・形成手術の治療費を10%キャッシュバック!メディクー

自分の身体は自分で守る!アフターピルはピル外来で!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

望んでいなかった妊娠は、あなただけではなく、あなたの周囲をも傷つけてしまう可能性を秘めたアクシデントです。しかし、あらかじめ避妊の対策を講じておけば、このようなアクシデントに見舞われる確率はグンと低くなります。

ですが、なんとなくその場の雰囲気に飲まれて…などの状況によって、避妊のタイミングを失ってしまうということは、ないとは言い切れませんよね。とはいえ、望まない妊娠という思わぬアクシデントは避けなければなりませんので、しまった!と思ったのであれば、アフターピルを上手に活用してみましょう。

ピルってどんな種類があるの?

それではまず、ピルの基礎知識について学習しておきましょう。ピルには、継続して服用する必要がある低用量ピルと、性交後に服用する緊急避妊用のアフターピルがあります。

低用量ピル(通常経口避妊薬)

低用量ピルとは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)を薬でコントロールすることにより、女性が積極的に避妊することができる経口避妊薬です。

低用量ピルは医師の指示に従って正しく服用することにより、避妊効果だけではなく、生理不順の改善やPMSの改善効果も期待することができます。ただし、低用量ピルには、不正出血や吐き気などの副作用が伴うことがあるので、事前にしっかりとカウンセリングを受けておきましょう。

緊急避妊用ピル(アフターピル)

今回ご紹介するのはこのタイプのピルです。性交後72時間以内に服用することにより、高い確率で妊娠を回避することができます。

ただし、アフターピルの種類によって服用のタイムリミットが異なりますので、この部分については、処方を受ける際に医師からしっかりと説明を受けておく必要があるでしょう。また、アフターピルは低用量ピルよりも強い成分が配合されていることが多く、吐き気やおう吐、頭痛、めまいなどの副作用が現れやすいというデメリットがあります。

アフターピルはこのような方におすすめです

アフターピルには強い成分が配合されていますので、常飲はおすすめできません。アフターピルを利用するのであれば、あくまでも緊急用だという認識を持ち、本当に緊急性が高い場合のみ服用するように注意しましょう。

アフターピルがおすすめできるのは、次のような方です。

うっかり避妊し忘れた

冒頭でも少し触れていますが、なんらかの事情によって避妊のタイミングを逃してしまうと、次に襲ってくるのが妊娠の恐怖です。

男女の身体の構造が異なる以上、この恐怖を男性に理解してもらうのは不可能かもしれません。しまった!と思ったのであれば、あなた一人でかまいませんので、直ちにピル外来へ足を運び、アフターピルを処方してもらいましょう。

今は妊娠したくない

妊娠・出産は、女性にとって大変嬉しい出来事ではありますが、人生の大きな目標を目前にして妊娠してしまうと、のちのちの後悔の種になることも考えられます。妊娠・出産には大きな責任を伴いますし、片手間で行うことができるものでもありません。

将来的に妊娠・出産はしたいけれど、今はまだ早い。このようにお考えなのであれば、アフターピルで妊娠を回避しておくことが望ましいといえるでしょう。

個人輸入に気をつけて!

アフターピルは、美容外科クリニックのピル外来で処方を受けることができます。そして、注意して頂きたいのが、個人輸入によるアフターピルの入手です。

信頼の於ける医薬品専門の個人輸入代行業者は確かに存在していますが、アフターピルは個人の体質などをよく見極めた上で、それに見合ったものを服用しなくてはなりません。これについては、素人が判断することは大変難しいと考えられます。

つまり、アフターピルを入手したいのであれば、美容外科クリニックのピル外来で処方を受けるという方法がベストであるということです。

おわりに

「だから私は妊娠なんてイヤだって言ったのに…」

そう嘆いたところで、妊娠の事実が消えてなくなるわけではありません。さらに、パートナーにどこ吹く風…という態度を取られてしまったら、それこそ泣くに泣けません。

望まない妊娠という悲劇に直面しないためにも、しまった!と感じたのであれば、直ちに美容外科クリニックのピル外来でアフターピルの処方を受けて、安心感を得ておきましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

バイアグラとシアリス、選ぶならどっち?

バイアグラとシアリス、選ぶならどっち?

ED(勃起不全症)は、加齢によるホルモンバランスの崩れや病気、怪我などがきっかけになって起こること…

続きを読む

日本と海外の脱毛意識・どんなところに違いがあるの?

日本と海外の脱毛意識・どんなところに違いがあるの?

近年、日本人女性の脱毛意識が高くなりつつあります。それに伴い、日本人男性の中にも、脱毛を意識し始め…

続きを読む

傷跡でお悩みなら!傷跡修正治療を受けてみましょう

傷跡でお悩みなら!傷跡修正治療を受けてみましょう

怪我は人生で幾度となくするものですよね。アナタは人生で何回怪我をしましたか?という質問に答えれる人…

続きを読む

ダイエットの敵『食欲の秋』はどうやって切り抜ければいいの?美味しく食べてダイエットする方法

ダイエットの敵『食欲の秋』はどうやって切り抜ければいいの?美味しく食べてダイエットする方法

秋は、夏のように不快な湿度に悩まされることがなく、快適な外気温になるため、スポーツをおこなうに…

続きを読む

埋没毛ってなんでできるの?その原因と危険性、対処方法について

埋没毛ってなんでできるの?その原因と危険性、対処方法について

なんだか脇の下がザラザラ。ちゃんとムダ毛処理しているのに…。このような方は、まず、鏡でじっくりとご…

続きを読む

もっとコラムを読む