「包茎治療は快適なペニスを手に入れる!事前に確認しておくべき改善方法と注意点」 コラム|美容整形外科・形成手術の治療費を10%キャッシュバック!メディクー

包茎治療は快適なペニスを手に入れる!事前に確認しておくべき改善方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

包茎は恥ずかしい、ニオイがしやすいために悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。包茎の中でも、仮性包茎は日常生活に大きな支障をきたすものではないため、放置している方も少なくないはずです。

一方、日常生活に大きな支障はきたさなくても、コンプレックスの原因になり、さまざまな場面で辛い思いをする可能性があります。そのため、できるだけ早い段階で治療することが大切です。

また、仮性包茎は様々な病気のリスクが高まるので、病気の予防のためにも治療が必要と考えられます。ここでは、包茎治療の方法と注意点についてご紹介しますので、参考にしてください。

包茎とは?

包茎には、仮性包茎と真性包茎、カントン包茎があります。

仮性包茎は多くの日本人にみられるもので、大きな問題にはなりにくい包茎です。それに対して真性包茎とカントン包茎は、重大な症状を伴うため、早急に治療を受ける必要があります。それぞれの特徴は以下のとおりです。

仮性包茎

普段は亀頭が包皮に覆われていますが、勃起すると亀頭が露出します。

セックスは正常におこなうことができますが、亀頭が普段から露出していないことによって刺激に弱いため、早漏になりやすいのがデメリットです。また、亀頭の粘膜が弱くなりがちで、性感染症の感染リスクが高くなります。

包皮と亀頭の間に垢が溜まってニオイの原因になったり、亀頭包皮炎を起こしたりすることもあるため、できれば治療を受けた方がよいでしょう。

真性包茎

平常時も勃起時にも亀頭が包皮に覆われている状態です。

包皮口が極めて狭い、あるいは亀頭と包皮が引っ付いてしまっているため、真性包茎を放置すると亀頭包皮炎という病気が慢性化する恐れがあります。亀頭包皮炎は、さまざまな泌尿器疾患の原因であるため、早急な治療が必要です。

また、正常にセックスができないため、不妊に繋がる恐れもあるでしょう。

カントン包茎

真性包茎の状態で包皮を無理に剥いて亀頭を露出させると、亀頭の根本が包皮に強く締め付けられてしまい、元に戻らなくなることがあります。この状態をカントン包茎といい、亀頭がうっ血することで包皮が膨れ上がることが特徴です。

放置すると亀頭が壊死するため、緊急の包茎手術が必要になります。

包茎治療を受けるメリット

包茎治療を受けることで、包茎によって引き起こされていた症状やリスクを改善できる可能性があります。

仮性包茎の場合は、早漏が夫婦関係に支障をきたすこともあるため、改善することで夫婦関係がよくなることもあるのです。また、真性包茎であるために男性不妊だった場合にも、妊娠が望めるようになるでしょう。

包茎治療の方法

包茎治療の方法はさまざまで、クリニックによっては独自の治療おこなっていることもあります。

真性包茎や軽度のカントン包茎の場合は、包皮が狭くなっているところにステロイド軟膏を塗り、皮膚を伸びやすくして包茎を改善させる方法が試されることがあります。約6ヶ月続けても包茎が改善されない場合、手術が検討されるでしょう。

患者が手術を希望しているかどうか、ライフスタイル、包茎の状態などさまざまなことを加味したうえで治療方針を決めるため、まずは受診することをおすすめします。

包茎手術の種類

包茎手術では、包皮を切開したり切除したりすることで包茎を改善させます。クリニックによって採用している方法は異なりますが、代表的なものは環状切開術と背面切開術です。また、最近注目を集めている亀頭直下埋没法もあります。

それぞれ、メリットとデメリットがあるので、自分に合っている方法を選びましょう。

亀頭直下埋没法

亀頭直下埋没法は、美しい仕上がりになるとされる包茎手術です。亀頭の下2~3mmの包皮を残し、余っている包皮を切除します。そして、亀頭の直下で縫合するため、傷跡が目立たず、環状切開術の問題点であるツートンカラーになる心配もないのです。

傷が安定するまでにかかる期間は約1ヶ月で、抜糸が必要な場合は手術の2週間後に受診する必要があります。

環状切開術

環状切開術は、亀頭を覆っている余分な包皮を環状に切除して亀頭を露出させる方法です。包皮を切除することで露出した部分と包皮の色が異なるため、ツートンカラーになるというデメリットがあります。

また、日帰り手術が可能で、入院が必要だとしても1~3日程度の入院で済むことがメリットです。縫合に使用する糸も自然に溶けるため、抜糸の必要もありません。傷が安定するまでにかかる期間は2週間~1ヶ月程度で、手術時間は約30分です。

背面切開術

極めて軽度の仮性包茎に対しておこなう手術です。陰茎の背面にある包皮を縦に切開し、横向きに縫合します。そうすることで、包皮の縦の長さが短くなるため、亀頭が露出するのです。

環状切開術と比べて包皮を切除する範囲が小さいため、傷が安定するまでの時間が短いというメリットがあります。傷が安定するまでにかかる期間は1~2週間で、手術にかかる時間は約15分です。

包茎手術に関するQ&A

包茎手術を受けるにあたり、ダウンタイムや保険適用の有無などを確認しておくことが大切です。包茎治療はデリケートなものであるため、どのような流れで治療をおこなうのかも確認しておくことをおすすめします。

包茎手術は痛いの?

包茎手術はメスを使用するため、麻酔をしたうえでおこないます。そのため、手術中に痛みを感じることはまずありません。

全身麻酔と局所麻酔があり、全身麻酔の場合は眠っている間に手術が終わります。どちらの麻酔を導入しているかはクリニックによって異なるので、事前に問い合わせが必要です。

局所麻酔は意識があるので、感覚がないにしても性器にメスを入れられることを認識できるため、恐怖を覚えるという方もいるでしょう。眠っている間に手術が終わっていてほしいのであれば、全身麻酔で包茎手術を受けられるクリニックを選ぶことをおすすめします。

包茎治療に保険は適用される?

包茎治療に保険を適用できるかどうかは、包茎の種類で異なります。

仮性包茎は健康に大きな支障をきたすものではないため、保険が適用されません。真性包茎とカントン包茎は、正常なセックスができないことや放置すると亀頭が壊死することなど、あらゆる問題が起こるため保険が適用されます。

ただし、保険適用の治療は最低限のものであるため、仕上がりの美しさを考慮した治療法には適用されません。特に、美容クリニックで手術を受ける場合は、保険の適応は難し場合が多いでしょう。

自費診療の治療はクリニックによって料金が異なるので、事前に医師に確認しておくことが大切です。

包茎治療の費用は?

包茎治療にかかる費用はクリニックによって異なりますが、150,000~250,000円が相場です。一括払いが難しい場合には、ローンを利用できるクリニックを選びましょう。

支払い回数や手数料はクリニックによって異なります。キャンペーンを期間限定おこなっている場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

包茎手術後は痛む?

包茎手術は麻酔を使用するため強い痛みを感じる心配はありませんが、麻酔の効果が切れた後は痛みを感じる可能性があります。とはいえ、日常生活に支障をきたすほどの痛みを感じることはないといわれており、鎮痛剤が処方されるので基本的に心配はいりません。

痛みを感じた場合は、我慢せずに鎮痛剤を飲みましょう。また、真性包茎の治療後は、亀頭が今まで露出していなかったために刺激に弱くなっており、下着に擦れることで痛みを感じます。これは時間が経過するにつれて慣れていくものと考えてください。

包茎治療後に自宅で気をつけることは?

包茎治療後は、縫合した部分に包帯を巻きます。包帯をきつく巻きすぎると、亀頭部がうっ血して赤紫色になるので注意しましょう。また、感染を防ぐことを目的として、手術後に抗生物質を服用する場合があります。

抗生物質を服用したからといって必ず感染を防げる訳ではありません。自宅では、感染予防のためにさまざまなことに注意が必要です。

入浴は避け、シャワーで患部を洗浄してください。そして、水分をやさしく拭き取り、患部に軟膏を塗りましょう。最後に、包帯を巻いたらケアは完了です。

ただし、シャワーは術後3日、入浴は術後7~10日からとなります。また、アルコールの摂取や激しい運動は、7日間は控えましょう。これは、患部の血流が促されることで、腫れや痛みが強くなる可能性があるためです。

セックスはいつからできますか?

傷が落ち着くまでは、ペニスに負担がかかることはできません。セックスやマスターベーションは、術後1ヶ月から可能です。

ただし、傷の治り具合には個人差があるので、痛みが早めに消える方もおられます。しかし、傷が治りきる前にセックスをすると、感染症のリスクもあるので必ず医師に許可を得るようにしてください。

包茎治療の流れ

包茎治療を受けるためには、まずは包茎の診断を受ける必要があります。包茎治療は、次のような流れで行うことが一般的です。

(1)予約

カウンセリングが予約制のクリニックもあるので、事前に確認しておきましょう。

(2)受診

本人確認後、問診表などの書類に必要事項を記入します。

(3)カウンセリング

ペニスの状態を診て、治療法について提案してもらいます。ライフスタイルや仕上がりなどを考慮したうえで治療法を選びましょう。

また、不安な点やわからないことがある場合は、このときに質問して解消させることが大切です。

(4)手術

医師と患者の両者が同意をしたら、手術をすることになります。手術はカウンセリングの日に実施することもあれば、日を改める場合もあるでしょう。

(5)アフターケア

必要なアフターケアをしてもらい、鎮痛剤の処方や日常生活で気をつけることなどの指導を受けます。

クリニックを選ぶときのポイント

包茎治療を受けるクリニックを選ぶ際には、費用や医師の技術、クリニックの雰囲気などに注目しましょう。

費用は安ければ安いほど良い?

自費診療の包茎治療を受ける場合、できるだけ安いクリニックを選びたいという方もいるでしょう。しかし、費用が安いということは、それだけコストカットをしているということです。医師の技術が未熟であったり、広告費をカットしたりすると費用が安くなります。

広告費をカットしているために安いのであれば、治療結果に影響は出ないと考えられます。

そのため、医師の技術が未熟かどうかを知るために、クリニックのホームページをみましょう。症例数が多いことをアピールしていたり、モニターの顔写真や体験談を掲載していたりする場合は、包茎治療に自信があると考えられます。

費用が異様に安く、ホームページの情報が少ないクリニックは避けたほうが無難かもしれません。

クリニックの雰囲気は何に関係する?

包茎治療はデリケートな問題であるため、クリニックにいくこと自体が恥ずかしいと思っている方もいるでしょう。落ち着かない雰囲気のクリニックの場合、緊張して気持ちよく治療を受けられない可能性があります。

何度か通院することになるので、できるだけ気分よく通えるクリニックを選びたいところです。また、プライバシーに配慮しているクリニックを選びましょう。

待合室以外で他の患者と出会わないように配慮していたり、通りから見えにくい場所に立地していたりするクリニックがおすすめです。

おわりに

包茎治療を受けることで、包茎によるさまざまなトラブルを解消できる可能性があります。

包茎を放置すると、亀頭包皮炎の悪化によって発生する泌尿器疾患のリスクが高まったり、性感染症を起こしやすくなったりするので、思い切って治療を受けることが大切です。真性包茎は不妊の原因に、カントン包茎は亀頭の壊死に繋がります。

いくつかの治療法があるので、自分の希望に沿った方法を選びましょう。そして、わからないことや不安な点がある場合は、カウンセリングの際に医師に伝えて解決しておくことが大切です。

気持ちよく包茎治療を受けて、包茎を改善してくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

神戸の手汗治療クリニック おすすめ人気まとめ

神戸の手汗治療クリニック おすすめ人気まとめ

神戸中央クリニック 神戸中央クリニックの特徴・対応施術 神戸中央クリニックは、開院から27年の実…

続きを読む

レーザーでタトゥー除去しようと思っている方必見!除去後のスキンケアはどうすればいいのかについて

レーザーでタトゥー除去しようと思っている方必見!除去後のスキンケアはどうすればいいのかについて

レーザーによるタトゥー除去は、タトゥー除去治療の中でも傷跡が残りにくい人気の治療法です。 し…

続きを読む

「男性がVIOを脱毛するのは恥ずかしい」は時代遅れ?男性脱毛に対する5個の考え方

「男性がVIOを脱毛するのは恥ずかしい」は時代遅れ?男性脱毛に対する5個の考え方

「アンダーヘアはあって当たり前」これが、現在までの日本人の考え方でした。 ですが、時代の移り変わ…

続きを読む

千葉の足の裏汗治療クリニック おすすめ人気まとめ

千葉の足の裏汗治療クリニック おすすめ人気まとめ

千葉中央美容形成クリニック 千葉中央美容形成クリニックの特徴・対応施術 千葉中央美容形成クリニ…

続きを読む

自分の身体は自分で守る!アフターピルはピル外来で!

自分の身体は自分で守る!アフターピルはピル外来で!

望んでいなかった妊娠は、あなただけではなく、あなたの周囲をも傷つけてしまう可能性を秘めたアクシ…

続きを読む

もっとコラムを読む